GHQ CLUB. あの日あなたは何をしていましたか? あなたにとってGHQとは?

HOME > フォトストーリー > 第20回 X氏ヒストリー 「吉川晃司の原点~広島の平和公園」

X氏ヒストリー~占領期をどう生きたか

第20回
「吉川晃司の原点~広島の平和公園」

 今年、73年目の8月6日を迎えます。しっかりとヒロシマ、ナガサキのことについて考えたいものです。ここで、吉川晃司が広島の平和公園を尋ねるドキュメンタリーを紹介したいと思います。
 ここには、原爆投下前、4400人が暮らしていた「中島地区」という町がありました。そこには、吉川晃司の祖父母が経営していた「吉川」という割烹旅館がありました。今で言えば、原爆ドーム脇を流れる川の対岸に位置していただけに、跡形もなく、公園となっています。晃司さんの父は疎開していたので助かりましたが、敗戦直後に戻り、被爆しています。晃司さんは、被爆二世として生まれ育ち、若い頃から、歌手、俳優、タレントとして活躍していますが、気骨ある平和へのメッセージを発信し続けています。権力者に忖度していませんので、頼もしい限りです。その映像、NNNドキュメント「4400人が暮らした町~吉川晃司の原点、ヒロシマ平和公園」は、誤ったタイトルがついていたりしていて混乱しますが、中身は間違いありません。