GHQ CLUB. あの日あなたは何をしていましたか? あなたにとってGHQとは?

HOME > 地方占領期調査報告 > 各地域の占領期についての調査報告書 Report.13

地方占領期調査報告

INVESTIGATION REPORT各地方自治体へのアンケート調査を報告します

 GHQクラブでは、2016年7月に、地方自治体(広報部門)を対象に、「占領期」(1945~52年、沖縄は72年まで)についてアンケート調査を行いました。また、2013年11月には数カ所に予備調査を行っています。調査結果は、それらをまとめて行います。
 それらの回答が一応、終了しましたので、その結果を、このGHQクラブホームページで順次、公表させていただきます。皆さまの「占領期研究」に資することが出来れば、幸いです。

report

 

地方占領期調査報告(13)鳥取県・山口県
 鳥取県立公文書館県史編さん室の回答――

  • 1.資料名について
    ・「鳥取県史 近代」第1巻~第5巻(1967-69年、国会図書館所蔵)
    ・「新鳥取県史手記編 戦後復興と昭和のあゆみ」(2011年、国会図書館所蔵)
    ・「新修米子市史」第4巻通史編現代(2008年、国会図書館所蔵)
    ・「新修大篠津郷土誌」(大篠津郷土誌作成委員会/編 2001年
    ・「中浜小学校百年誌」(境港市立中浜小学校百年誌編纂委員会/編 1983年)
     などの自治体誌、地区誌があります。
     また、国会図書館憲政資料室所蔵のGHQ作成資料(軍政隊レポートなど)があり、現在、県史編さん室において分析を行っているところです。
    2.郷土史家について
     小山富見男氏(鳥取県史編さん委員)。
     連絡は当室まで(電話:0857-22-4620)。
    3.ナトコ映画などについて
     把握していません。

 

 山口県広報広聴課の回答――

  • 1.資料名について

    『山口県史』「史料編 現代1」~「史料編 現代4」(4巻)において、占領期にかかわる史料を収録しています。各巻の内容は以下の通りです。

    ・「史料編 現代1」(平成10年刊行)
     「私の歴史体験」「私の戦後体験」として、広く県民から募集した戦中・戦後の体験手記を収録、その一部に占領期にかかわる手記があります。

    ・「史料編 現代2」(平成12年刊)
    「史料編 現代1」に続く「県民の証言聞き取り編」として、聞き取った体験談を収録、その一部に占領期にかかわる記事があります。

    ・「史料編 現代3」(平成16年刊)
     米メリーランド大学図書館ゴードン・W・プランゲ文庫に所蔵されている、戦後占領期にGHQの検閲を受けた本県に関係する雑誌を翻刻・掲載しています。

    ・「史料編 現代4」(平成26年刊)
     戦後の混乱から高度成長を経て現代にいたる日本経済の変貌と関連づけ、産業や企業活動、経済事情にかかわる史料を収録、その一部に少しですが、占領委にかかわる史料があります。

    2.郷土史家について
     山口県文書館内に本県歴史関係団体として活動されている「山口県地方史学会」の事務局がありますので、適切な人物のアドバイスをしていただけるかもしれません。
    3.ナトコ映画などについて
     不明です。山口県文書館において保存されている映画フィルムには、1945年から1952年に作製されたものはありません。
     山口県文書館 電話:083-924-2116
     URL:http://archives.pref.yamaguchi.lg.jp

地方の占領期 第3回「京都」

Published on 2017/07/17 10:00

Category: 地方占領期調査報告

Tags: